×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カニはどう売られてる?

カニは嫌いですか?

どんな風にカニは売られてる?

通信販売でカニを取り寄せようとしたときにわかるのですが、カニは様々な状態で購入することが出来ます。姿、脚、肩脚、むき身、生、ボイルなどです。一部になると思いますが、どんな感じなのか、解説しておきます。

活(活カニ)

活きているカニが宅配されてきます。輸送している間に死んでしまうこともありますが、鮮度には特に問題はないでしょう。鍋やしゃぶしゃぶなどの定番から、刺身まで、いろんな調理法に幅広く対応できますが、活きカニをさばくのは、ちょっと大変かも知れません。それと、鮮度が特徴の食材ですので、すぐに食する必要性もあると思います。

生の状態のカニを冷凍したものです。むき身の商品などによくあるタイプです。生ですので、鍋やしゃぶしゃぶに使うのが良いと思いますが、様々な料理に対応できます。

ボイル(茹で、浜茹で)

ボイルし(茹で)たカニを急速冷凍し配送してくれます。茹でるという調理過程を既にしてあるので、到着して解凍すればすぐに食べられます。そのまま食べるのがベストで、既に茹でてあるので調理にはあまりむきません。

姿

カニそのままの姿で届きます。贈り物として検討しているなら、この姿が良いかもしれません。ボイル後に急速冷凍されたものか、生きている状態ものが一般的です。さばくのが大変だったり、食べた後の殻ゴミが多く出るのがデメリットですが、毛がにやズワイガニなら、カニ味噌を味わうことも出来ます。

肩脚

爪も含めた肩と脚の部位を体からカットして送ってくれます。カニ一匹からカットしていくのが面倒な人に便利な食材となります。ボイルしてあるものと、生のものがありますが、茹でてあるボイルものはそのまま食べ、生のものは、焼きカニにしたり、鍋などの料理に使うのが一般的です。

脚の部位をカットして宅配してくれます。激安な訳ありカニもこの脚が多いです。ボイルと生があります。

ポーションカット

太い足の部分の殻をむき、間接の部分に少しからを残してある脚のむき身です。生の状態で、かにしゃぶ用として売られています。カットする必要がなく、食べやすい。しかも、食べた後のからもほとんど出ないので、人気のあるカット方法です。ポーションではタラバやズワイがあるのですが、一般的なのはズワイガニの方で、かにしゃぶ、もしくはカニ鍋用に購入する人がほとんどです。

ビードロ(半むき身)

脚の太い部分を半分むき身にしたものです。半分だけ殻を取っているので、殻をわる必要がなく食べやすいです。焼いて食べるのに良いカット方法です。タラバガニの生で売られていることが多く、冷凍されています。

全てを説明できていないと思いますが、有名なものは網羅できたと思います。補足ですが、現在は活きたカニは冷蔵、その他は冷凍で届きます。食べ方にあわせて、好きな状態のカニを購入しましょう。

(C) カニは嫌いですか?

失業給付の基本手当